リサラ販売店

仕事中の脇汗の臭いが気になる人!仕事着の洗い方で解決!

 

仕事中の脇汗の臭いって、一度気になり始めると気が散って
仕事に集中できなくなりますね。

 

まずは、自分の脇を制汗剤で対策することが手っ取り早いのですが、
脇を対策しても、服自体が臭ってしまっていることもよくあるのです。


おすすめ制汗剤「リサラ」はこちら!

 

脇の匂いも、服の臭いも、雑菌の繁殖が原因になることが多いのですが、脇汗をしっかりと対策しても、


服が臭っていたら対策も片手落ちです。

 

臭いが気になる時、自分の脇と服の脇下をにおってみて、服のほうが臭いが強いときは服を疑ってみましょう。

 

服の繊維に入り込んだ菌は、通常の洗濯だけではなかなか排除できません。
ちゃんと洗ったつもりの服でも、脇のところの繊維に雑菌が残っていると、その服を着て、しばらくすると菌が繁殖してきて、すぐに臭いを発してしまいます。

 

ちゃんとカラダの脇をデオドラントしたのに、

たったの一時間ほどで腋が臭ってきて、がっかりしたことはありませんか?

 

そのような場合は、脇対策以外に服の対策、つまり洗濯の方法を考え直したほうが良いですね。

 

 

漂白剤で除菌・殺菌して消臭!漂白剤の使い分け

 

洗濯の際に漂白剤を使用することが、臭いを発する菌をやっつける方法になります。
漂白剤は、臭いを発する菌を除菌・殺菌してくれるのです。


ヨゴレを落とす洗濯だけでは、

除菌・殺菌効果が無いということです。

 

その漂白剤には、

塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」があります。

 

効果がより高いのは塩素系漂白剤です。
しかし、服が色落ちする場合があるので白い色の服に限定されます。

 

色の付いた服には酸素系漂白剤を使います。
私は主にこれを使用しています。

 

酸素系漂白剤は、漂白剤という名前がついていますが、

色のついた服にでも安心して使えます。
除菌・殺菌効果が有るので、これを使って服の臭いを落とすことが出来ます。

 

粉末と液体タイプがありますが、
粉末タイプは、シルクやウールなどの動物性繊維には使用できませんので注意が必要です。
液体タイプは使用可ですが、どちらも使用の際は注意書きをよく読んで使ってくださいね。

 

粉末タイプは、つけ置きなど本格的にしっかりと対策したい時、
液体タイプは、通常の洗濯にプラスαって感じで、私は使っています。

 

他の注意点は、

・お湯(40℃以上)を使うこと
・金属のボタンやファスナーは痛みますので使用しない
・ストライブ柄には金属繊維が使われていることが有るので、目につきにくいところに5分ほどつけて色落ちしないかテストすることが大事です。

 

仕事着が臭わないと、気持ちよく仕事出来ます。
脇対策と合わせて、快適環境作ってくださいね!

 

おすすめ制汗剤「リサラ」はこちら!